セカンドオピニオン外来

自家がんワクチン療法(がん免疫療法)

最先端の免疫療法 自家がんワクチン

最先端の免疫療法 自家がんワクチン 従来からのがんの治療は、外科手術放射線治療抗がん剤治療3大療法が主な治療法でしたが、第4の治療法として「自家がんワクチン」が注目されています。

 自家がんワクチンは、手術で取り出した患者様ご自身のがん組織免疫刺激剤を混ぜて作る患者様ご本人だけの専用がんワクチンです。
自分自身の組織が材料になるため自家がんワクチンと言います。
 患者様ご自身のがん組織をお持ちでない方、これから手術を受ける方や予定のある方は、セカンドオピニオンにてご相談下さい。

 

自家がんワクチンとは

 手術後のがんの再発・転移の予防残存がんの治療を目的とした化学的根拠に基づいたがん免疫療法です。

 自家がんワクチン投与により、患者本人の体内で、がん細胞だけを攻撃する免疫細胞を活性化することができます。
 がん細胞には「がん抗原」といわれる、人の免疫細胞が「異常」と見なすことができる目印が含まれています。自家がんワクチンは、免疫細胞にこの「異常目印」を覚え込ませて、がん細胞だけを選択して攻撃するようにトレーニングします。いわば、がん細胞と闘う特殊部隊を体内で育成するのです。 自家がんワクチンの工程

そして

自家がんワクチン(免疫細胞)によるがん細胞の除去

 

問題となる副作用はありません

自家がんワクチンによる副作用は、注射部位の皮膚の炎症や、一過性の軽い発病程度で、大きな問題となるものはありません。 自家がんワクチンによる副作用は、注射部位の皮膚の炎症や、一過性の軽い発病程度で、大きな問題となるものはありません

 

 

 

入院の必要はなく、外来通院で投与可能です

自家がんワクチンによる副作用は、注射部位の皮膚の炎症や、一過性の軽い発病程度で、大きな問題となるものはありません。 自家がんワクチン療法を受けられる病院にて、外来通院で、計5回の注射を行います。全治療期間は約6週間となります。
 原則1コースで終了します。

※2回目の免疫テストを省略する場合もあります。

樹状細胞を用いた、がん免疫療法の切り札!

 自家がんワクチン療法は、患者様本人の体内で免疫細胞を活性化するものですが、漫然と活性化するのではなく、ご本人のがん細胞を選択して攻撃するように活性化します。

  患者様ご自身がん組織を「がん抗原」として使用する、まさにオーダーメード医療なのです。

 →患者様自身のがん細胞を、その方のためにワクチン原料として使用します。

現時点で、もっとも優れた効果が期待される免疫療法です

がん抗原ペプチドワクチンとは違うもの

  • がん抗原ペプチドワクチン→化学合成品が原料
  • 自家がんワクチン→患者様ご自身の身体の一部だったがん組織そのもの

がん抗原ペプチドよりもがん組織そのものの溶解物の方が優れているという記事

http://www.medscape.com/viewarticle/741243

※合成ペプチドワクチン療法と自家がんワクチン療法の併用は可能です。

原則として外来で治療可能です

2週間に一度、計3回ワクチンを皮内に注射します。この前後の免疫反応テストも加え、全部で5回の注射投与のみで1コースの治療が終了します。前後の免疫反応テストは省略されることもあります。入院する必要はありません
※ライフクリニック近郊の方を対象に往診治療(経費別途)のご相談も受けています。

原則として約6週間で接種完了します

自家がんワクチン」は、他の免疫細胞療法や抗がん剤のように、1年以上もかけて延々と繰り返し投与する必要はありません。原則1コースで治療終了のため、他の免疫療法に比べて相対的には低価格の治療法となります。

お問合せ、ご質問は直接下記までご連絡下さい。

■TEL:048-553-0264
■FAX:048-553-0272
■医)ライフクリニック